ロスジェネ勤務医の資産形成ブログ

ロスジェネ世代麻酔科医師のコッカーマリンです。資産形成や日々のことについて感じたことを書き綴ります。

「フリー麻酔科医アンケート調査の件」にいろいろとツッコんでみる

こんにちは、コッカーマリンです。

 

非常勤麻酔担当医WEBアンケート調査」についてのお知らせが日本麻酔科学会のHPでも公開されています。

 

相変わらず字が小さくて読みにくいので、大きくして転載します。

*赤字はコッカーマリンがつけたものです

 

非常勤麻酔担当医WEBアンケート調査:健全で継続可能な手術医療体制構築のために



【2018年11月01日】

手術医療を実施している病院、手術室管理者、外科系の先生方へ

(公社)日本麻酔科学会 理事長
(社)日本外科学会 理事長
(公社)日本整形外科学会 理事長

 

非常勤麻酔担当医に関する初の全国規模アンケート調査を実施いたします。

我が国では外科系医師と麻酔科医師との協調体制により、優れた手術医療を提供してきました。
しかし最近「麻酔フリーター」と称される医師らにより、この協調体制の乱れが一部地域で生じているのではないかという懸念が、外科系学会や病院団体等から出ています。

(公社)日本麻酔科学会は、2016年度、麻酔科専門医更新申請書類を用い複数病院を担当する麻酔科医数の調査を行いました。
この結果「フリーランス麻酔科医」と考えられる医師は、約6400名中88名(1.4%)でした。

一方、麻酔派遣業者が医学系雑誌等で掲載している広告には「登録人数1200人」との記述があり、両者に大きな乖離がある事がわかっています。
麻酔診療領域は、他診療領域にはない国による標榜医制度と学会専門医制度の2つの異なる基準を持ちます。
この人数乖離の要因として、麻酔標榜医を持つ他科医師や麻酔科専門医取得や更新を行わない麻酔科医、当直やオンコール体制を望まない若手医師らがこれに関わっていると考えられます。
さらに「麻酔フリーター」の定義がはっきりしない点もこの問題を複雑化させています。

今回この懸念に対応するため、「麻酔フリーター」を含む非常勤麻酔担当医全体の実情調査を、
(公社)日本麻酔科学会と(社)日本外科学会、(公社)日本整形外科学会が共同で実施する事となりました。
非常勤麻酔担当医の地域別での働き方や必要性・問題点の把握、さらにどの程度の費用と人件費がこれに注がれているか等を調査し、今後の改善の基礎資料といたします。

アンケート調査は、WEB上で行います。プルダウンメニューと自由記載項目を設け、出来るだけ短時間に入力できる内容にしました。
多くの病院から情報を収集し、関連学会・行政・厚労省・国会等への情報提供にも役立てる事で健全で継続可能な手術医療体制を構築したいと考えます。
ご多忙のところお手数をかけ誠に申し訳ありませんが、ぜひご協力をお願いいたします。 
このアンケートの集計データは、今後各学会ホームページ上で公開する予定です。また、現状を正確に把握するため、アンケートは1施設1回答の原則をお守りください。

 

 

とまぁ、いつもどおりツッコミどころ満載な内容なわけですが、

「麻酔フリーター」と称される医師ら

という、この差別的な表現。。

麻酔診療を生業とする同業の医者に対する言い方として適切でしょうか。

 

「フリーランス麻酔科医」と考えられる医師は、約6400名中88名(1.4%)でした。

「麻酔フリーター」と「フリーランス麻酔科医」は違うのか?なんで急に言い方を変えるのか???

 

麻酔派遣業者

細かいですがこの言い方もひっかかりますね。

麻酔科医派遣業者ならわかる。

麻酔科医でなく麻酔医と言われたら怒るくせに、フリーの麻酔科医を扱う業者の話になるとこういう表現を使ってしまうんですね。

 

人数乖離の要因として、麻酔標榜医を持つ他科医師や麻酔科専門医取得や更新を行わない麻酔科医、当直やオンコール体制を望まない若手医師らがこれに関わっている

 ここでいう「人数乖離」というのは、麻酔科学会に提出された専門医の申請や更新の書類から明らかにフリーで働いているということがわかる人数が、どうも実際のフリーの数と合っていなさそうだ、ということです。

それは当たり前で、麻酔科の専門医をとらない麻酔科医なんていくらでもいるし、麻酔科学会にすら所属していない医者で麻酔している人もいそうです。

しかし当直やオンコールを望まない若手医師がなぜ関係あるのがよう分かりません。

フリーランスの議論と当直やオンコールをしない人がいる問題は、全然関係ないと思いますが。

なんかこれ個人的な感情が入っていませんか?どんな事情があるのかは分かりませんが。

 

「麻酔フリーター」の定義がはっきりしない点

それって麻酔科学会のエライ人たちの頭の中の話なんじゃないでしょうか。

「フリー麻酔科医」というのは現にいますが、それぞれに需要があっていろんな働き方をしているわけです。

こういうのが"フリーター麻酔科医"だ、という明確な定義をエライ人達は決めたいわけですが、古い医療体制で生きてきた彼らには理解できない点も多く、定義なんてそもそもあるわけないのです。

医者の国家資格があって、毎日麻酔診療を問題なく行っている麻酔科医がなんで問題なのか全然分かりません。

歯科麻酔の問題も放置しているのに、なぜフリー麻酔科医の話にはそんなに躍起になるのでしょうか。

 

 現場からの声としてはこんなのも多いと思います。

確かに現実には

専門医もとっていないレベルのペーペーなのにフリー麻酔科医になっちゃう人

医局のなかで明らかに臨床に問題のあった人

などでフリーをやっているような例もあるでしょう。

そういうのがマズイのは確かです。それこそ市場原理がしっかりと働くべきです。

しかし、実際には一人で麻酔をできないレベルの人が、大学からの派遣ということで週一回でも「フリー麻酔科医」をやっているのが実際のところです。

「麻酔科にきたら3年めからバイトで一日15万稼げるよ!!」というのは麻酔科に勧誘するときの常套手段ですからね。

 

それはそれで大きな問題なんじゃないでしょうか。

 

ともかく若い先生は麻酔科を選ぶのは今後は絶対やめたほうがいいです。

せっかく医者になったのにこんな低レベルの議論に巻き込まれるは嫌じゃないですか?

 フリーになって大儲け、もこれだけ「弾圧」されたらキツくなるのは間違いありません。

フリーが撤退した部分は、歯医者さんと看護師さんでどうぞやってください、という結末が待っています。

www.cokermarin.com

 

 

*こういうことをよくネタとして扱うので、私がフリー麻酔科医だと思われている方も多そうですが、私はそのへんの一般病院のしがない常勤の一麻酔科医です。