ロスジェネ勤務医の資産形成ブログ

ロスジェネ世代勤務医のコッカーマリンです。資産形成や日々のことについて感じたことを書き綴ります。

中間財とは

こんにちは、コッカーマリンです。

 

最近良く「中間財」という言葉を目にします。トランプが中国に関税戦争仕掛けたけどはじめは中間財のみで消費者にはすぐ影響出ない、云々のやつです。

経済学では財は大きく「中間財」と「最終財」に分けられます。最終財が消費者に使われるもの、中間財とは消費者にそのものとして購入されるわけではないが最終材を作るために必要なもの、というふうに考えられます。

f:id:cokermarin:20180719140250p:plain

日本は最終消費財の輸出は実は少なく、中国や韓国で作られる半導体の材料となるシリコンウェーハ(中間財)の貿易などで競争力があります。一方中国はアメリカに製品となったモノ(最終財)を輸出することで利益を得ています。

すなわちアメリカが中国に中間財を対象とした関税をかけることは関税の対象品・規模を抑えるという意味があります。でもアメリカで日本のトヨタが作っているプリウスの電池に使われるレアメタルは中国から中間財として輸入しているのでそこに関税かかって結局トヨタがダメージを受けたりするわけです。